Horizon Zero Dawnの舞台、ストーリー | Horizon Zero Dawn |ホライゾン ゼロ ドーン 完全徹底攻略・最新情報

Horizon Zero Dawn |ホライゾン ゼロ ドーン 完全徹底攻略・最新情報

大人気海外ゲーム!Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ ドーン)を完全最速攻略!最新情報、最新ニュース、小技、小ネタ、裏技、やり込み要素、2chまとめなど一挙に紹介!

Horizon Zero Dawnの舞台、ストーリー

   

Horizon Zero Dawnのストーリー

Horizon Zero Dawnのストーリーは、1000年前に世界が大厄災により闇に包まれてしまった。
大都市だった大地は、大自然が広がる大地へと変化し、まさに原始時代へ戻ったかのよう。
人類は獣の姿をしたマシンに支配されている。

 

主人公のアーロイは、かつて存在してた人類文明がなぜ滅び去ったのか?
機械獣はどこからやって来たのか? 自分は異端児扱いされてるが一体何者なのか?
と疑問に思い、
生き延びるためには機械獣を倒しながら、これらの秘められた謎を解き明かしていく物語。

 

なんらかの手段で機械を従えている謎の襲撃者。
彼らは『影の軍団』を使い、アーロイ達が住むノラ族を襲撃した。
そして、奪われたものを取り返すべく旅立つアーロイ…

 

■プロローグ

かつてこの大地に居た者たち、伝説は語る。
遥か昔の存在を。古の者。

古の者たちの世界は、かくも異なり偉大な都市を築き上げた。
星々に届かんばかりの塔。

だが、やがて偉大なる都市は闇に包まれる。
人々が消え、大地は変化し始めた。
偉大なる都市は衰退し、新たな生命が命を宿した。

やがて時と共に部族が現れはじめた。
ある部族は小さく謙虚、ある部族は王のように強く。
言い伝えは我らこそが狩りを始め、弓をみいだしたという。

だが我らは支配者ではない。
共産する世界。それは人と機械の危うい均衡。

古の者たちがどこへ消えたのか、なぜ機械が支配するのか、語られることは無い。
だが、この均衡も長くは続かないだろう。
嵐がやって来る。でも私は恐れない。

 

主人公のアーロイについて

アーロイ(Aloy)は、Horizon Zero Dawnの女性の主人公。
子供の頃の時代から描かれており、アーロイの出生は謎とされている。

他の人からは『異端者』や『呪われた子』と呼ばれて、辛く当たられる。
話しかけても無視されたりする存在だが、中には普通にアーロイに話しかける人もいる。

 

アーロイはノラ族で、熟練のハンター。
子供の頃は育ての親・ロストから狩りとサバイバル技術を学んでいる。
人類が滅亡した原因は彼女に深く関わっている。
ある日、ノラ族が襲撃されて、彼らを追って旅に出かける。

 

Horizon Zero Dawnの舞台、世界観

Horizon Zero Dawnの舞台はシームレスなオープンワールドで、ストーリー重視の物語。
ストーリーで解説したように人類の文明が滅亡して、1000年以上が経過した世界が本作の舞台になっている。
豊かな大自然が広がり、かつて存在した大都市は古の文明と化す。
まさに人類は現代から過去へと退化してしまった。

 

部族が存在し、敵は機械獣だけでなく人間との争いも…

人類は滅亡した分けでもなくわずかながら部族がおり、原始人のような身なり・生活をしている。
部族は異なる文化で生活していて、生き残った人類は独自の文化で反映してます。

人が立ち入りできない土地が多く存在し、人類が支配者でない時代にある。
動物のような機械獣がはびこっているが、一般の野生動物も存在している世界です。

 

機械獣に追いやられてしまった人間たちは全て仲間とは限らず、
アーロイが住むノラ属と敵対している、襲撃者山賊などが集団で存在している。
そういった曲者と戦うこともある。

 

野生の動物

大自然あふれるフィールドでは、野生の動物たちも生きている。
敵ではないがイノシシ、七面鳥、ウサギ、キツネなどがおり、ハンティングして肉や素材を入手できます。
釣りをすることはできないが、水辺には魚が泳いでいて攻撃できる。

 

天候の変化

ロケーションはジャングル、砂漠、雪山などが用意され、地上だけでなく地下の洞窟などもある。
昼から夜へと変わる時間の概念もある。
天候は雨が降ったり、嵐、雪、霧、砂嵐など、場所や時間によって若干の変化が出る。

 

開発スタジオのGuerrilla Games(ゲリラ・ゲームズ)が語るポイント

■Horizon Zero Dawnの3つのポイントとは?
  1. 今作は新規IPのオープンワールドアクションRPG。
    広大で美しいフィールドとシームレスに移動ができる。目に見える風景には辿り着ける。
  2. 2つ目は深い物語。ストーリーは文明が滅亡してから1000年後が舞台で、
    人類は原始時代へと戻ったような狩人生活をしている。
    動物は機械化しており、その機械の存在、どこから来たのかストーリーを進めて明らかにする。
  3. バトルは戦略性にとんだ内容。アーロイは機械獣を狩るハンターで、
    体格の大きさや素早さ、力などは機械獣にはかなわないが、
    武器や罠を駆使して非力さを補いながら狩る面白さがある。

古代の遺物や建造物が点在しているオープンワールドを探索しながら、謎を解き明かしていく。
バトルでは人類を脅かす機械獣を相手にするだけではなく、人間どうしの争いにも巻き込まれる。

アーロイは世界を巡り、様々な人々と交流を深め、成長していく姿を描いている。
真に恐るべきは機械なのか? 人なのか? 新時代の生存競争が始まろうとしていた。

 - 舞台・ストーリー